ワンフェスに持っていったもの●2004.8.29
「ラブタコス」名義での初参戦。Fブロックデビューとゆーのは後々ネタになるやしん。

ガンド・ロワ&グラス
ガンド・ロワ(全幅350mm)
ガス生命体ランプ透明バージョン(全高180mm)
 ガンド・ロワは原型作る苦労より、展示モデルの組み立て・塗装というモデラーの領分での突貫作業ぶりが記憶に刻まれている。
 グラスの方は予定数10本に届かなかった事と、表面処理に手間をかけきれなかった部分が残念。時間を制する事なくして次のステップはない。


ポスター
ポスター 515×364mm
 最低A2くらい欲しかったのだが、出発前の準備が悲惨でA2ボードを持って行き忘れ、手持ちのB4ボードをつなげて貼り付けた。グラスの写真を朝撮って上京、イベント前日に合成して完成という余裕のなさは普段の仕事の延長みたいだ。


弁当パッケ ガンド・ロワ
パッケージ

(7個作成)
 「ダイソー」で売てたパピルス製ランチパックにラベル貼ってディスプレイ。
 専用のパッケージ作る事も考え、ラフスケッチまでは描いてみたものの、全部自分でやらなきゃいけない事と、パーツがどれだけのボリュームになるのか検討する時間もなかったのであきらめた。
 上京し、イベント当日の朝までホテルでパーツ入れ作業を行っていたのが自業自得とはいえ恨めしい。


グラス箱
ガス生命体グラスパッケージ(8個作成)
 会社にあった段ボールで作った。これもイベント当日の夜、ホテルでラベル貼り。
 疲れと焦燥感のため、貼るだけでヒーヒーいってた。


しおり
ラブタコスしおり(三つ折り・50部作成)
 データ化の恩恵は流用が効く点が大きい。今回作ったすべての販促物は、すでにあるデータを素に組んだものばかり。オール書き下ろしよりツブを揃える方に傾くのは、よる年波と性向が自然に向いているため。
 イベント開始後に切り抜き初めたために、最初の方でグラスやガンド・ロワ買ってくれた人には折り損なったまま手渡してしまった。全部はけたのは嬉しい限り。


ガス生命体グラス・タグ
(二つ折り・8枚作成)
 グラスの柄の部分に通してディスプレイする予定が、これもイベント開始後に切り出し始め、くっつける間もなく売れてしまったので、箱に入れて渡した。
 今回はこればっか。用意できただけでも良かったと思うしかない……


ガンド・ロワマニュアル
ガンド・ロワ作成マニュアル
(A3モノクロ・4枚組だったか?・各8部作成)

 マニュアルと言っても、どーゆー順番でこれこれのパーツを組み合わせてとゆーフレンドリーな解説はなく、パーツの場所と角度を示しているのみの不親切なもの。
 理由は簡単、組み立て完了が前日だったので工程を書き記す時間を取れなかったためである。
 もっとも模型心のない自分でも組むまでは可能なシンプル構造なので、ワンフェスに訪れるモデラーと呼ばれる人にとって素人のインプレは必要ないとも思う。きっと俺より正解を見出す事だろう。(たとえ言い訳であっても)


ディーラーポップ
スタンドポップ
 これもイベント開始後に切り出して立てた。平面活動も含め、自分の看板でイベント参加した初の体験とゆーのに、全面的に要領の悪い立ち回りばかり。
 お上りさんで上京するのだから、次回は少しでも物見遊山の時間に割り当てたいものである。(2004.11.6記)