アふレこ本カット
藤本窯おまけ本2003冬
55×90mm・8p・モノクロ 50部発行(自宅プリンター)
2003年1月19日、福岡ドームの同人誌即売会で配布。

 中身のアフレコ漫画は、2002年夏のワンフェスに初参加するふじぽた先生向けに作ったのを流用。(フキダシのセリフにガラクシとある箇所は、最初の時はミュウミュウだった)

 すき間を埋めるためにダラダラと書いている、藤本窯というサークルに対する自己評価は今もだいたい同じである。

 遊星ランプを作りはじめた時期であり、また同じコンセプトのアフレコ漫画を大量生産。読者4名の藤本窯関係者へ強制メルマガのカタチで送っていた。もうノリノリで……(なにせ原作が面白いからね)

 俺にとっては藤本窯における「黄金時代」の始まりを告げる一冊といえるだろう。当然、「蝕」の刻も訪れる訳だが、それはまだ知る由もなかった。人ネタは両刃の剣。同じ轍を踏みそうな方は用心めされよ。

表紙

2P

3P

4P

5P

6P

7P

裏表紙