夜明け
 5時半に起きて雨。がさごそ起きだし、新橋のカプセルホテルを6時にチェックアウト。カプセルホテルの固いベッドでは仕方ないが、寝心地の悪さはテンションに響く。次回はスプリングのあるベッドで眠りたいものだ。駅近くの立ち食いソバ屋で天玉・コロッケ・おいなりさんの篠原遊馬バージョンの朝食。かけのネギ抜きは出来そうもない。


 新橋駅のロッカーに本と着替えを入れ、ゆりかもめのホームへ向かう。すぐそれと判るお仲間がホームにパラパラ。7時過ぎにビッグサイトへ到着。雨の中、傘の列が駅から西会場までの通路につながっている。これで3時間近く待つのは確かに荒行。ディーラー参加の恩恵は大きい。
 ディーラー搬入口が雨で変更になっていたのでウロウロしながらDUNさんの到着を待つ。8時すぎにDUNさんが到着。コミケでも未体験な売り手側の人間として会場に入る。2D男、初ディーラー参加へ突入。
 コミケのそれと比べれば随分すき間があるが、展示品が立体物のため、ディスプレイの見栄えで対抗できるのは強み。等身大フィギュアの迫力はインパクトありまくり。エロ系フィギュアは華だし、机いっぱいなクレーンモデルやペーパークラフトのヤマト、アンドロメダの船体カーブは素晴らしい。設営前からいいもの観させてもらう。


(写真は「藤本窯」ブース前より東3ホール方向を眺めたもの。当然だが男率高し)


9:00ごろ
 佐川急便の置き場から箱を持って来てブースの後ろに置き、DUNさんが前日に仕上げた急造ポップの写真に苦笑し、ポール立てて総統グラスのプラカード掲げるあたりは、同人のノウハウが活かされていて感心する。デカ目のディスプレイは博多でも出来ないものだろうか。
 さらにテーブル上には、こんな事もあろうかとDUNさんが買っていた、回る総統フィギュアは当たりで、付属の超大型ミサイルが効いている。グラスのディーラーにお似合い。写真撮ってく人もいて、一番活躍したポップであったろう。


 この段ボールの箱に40個の総統グラスと100個のガス生命体グラスが眠っている。デンドロなコンテナ。


10:00直前
 いよいよ開場前。用意してきた晴れ衣装に着替え、シャア専用のような赤グラスお面を装着し、開始時刻を待つ。まったく別ジャンルであった世界を垣間見る瞬間である。420分のショータイム。