※ここから先は日記兼用なのでランプ以外の記述もザクザク入る。為念。

ワンフェス看板

時に西暦2003年8月3日
 ワンフェス。この日のために徹夜で作った重モビルスーツもかくやとゆ〜、遊星ランププロジェクト最大の正念場がやってきた。なのに当日は7時に起きるとゆー大失態。不覚!7時半にホテルを出て、7時45分のゆりかもめでビッグサイトへ向かう。
 ディーラー搬入口へ着いたのはジャスト8時半。合流時間ピタリで助かった。(携帯持たないのですれ違うと大変なのだ)

 天候は快晴。会場備え付けのカーゴで運だり一抱えもあるゴジラを肩にひっかけて入場するディーラーの皆さん。小なれど俺もその末席についての参加である。売り子でも一般参加でもない、送り手としての俺がここにいる。半年前、たった1個の試作機がもたらしたのは、堂々とディーラー証をぶらさげるポジションである。人生、きっかけ次第でどうにでもなるぞ。

搬入口搬入風景

 ほどなく、DUNさん一行と合流。前回も手伝ってもらった観楽唐々さんと、初めてお目にかかるDUNさんの奥方が今回のメンバー。A29—15、藤本窯のディーラー証を受け取り入場。いよいよ始まる世紀のお祭り。

卓上レイアウト

フォーメーション
 今回の「藤本窯」ラインアップ。総統・ガス生命体のレギュラーグラスと2本だけ試作されたガス生命体ブラックバージョン。
 上段の白い原型が今回デビュー予定だった「シベ鉄の壺」まぁ“いいもの”だ。オリジンである龍首流浄瓶(じょうへい)のシルエットが、公衆の面前で公開された最新映像でもある。
 そ、そして手前に置かれた赤い遊星こそ……(実は開場より少し後の写真なので、すでに2個売れてるという事実!)

遊星ランプフル点灯形態

遊星ランプ
フル点灯形態

 専用ポップ台とディスプレイユニットを組み立て、電池を仕込んで行った点灯試験。この瞬間だけ許された光のページェント。
 ワンフェス会場に遊星の光……見たかったのはコレだ!自己満足ゲージは振り切れている。
 その後、開場の10時まで専用パッケージの袋貼りや中に入れる説明書兼ディスプレイ台の収納。ケース開閉用の10円玉貼り付けなど、DUNさん手伝ってもらいながらギリギリまでやってた。

 カウントダウンの最中に終わったのは幸い。もっと簡単な作りにすればよかったと後悔。そして始まった7時間の夢時間。

ところが……