遊星ランプ製造計画

遊星爆弾

【遊星爆弾とは?】

 アニメ「宇宙戦艦ヤマト」において、地球全土の破壊および環境改造に活躍した大ガミラスの戦略兵器。この遊星爆弾(左図)をモチーフに使おうというのが遊星ランプなのだ。

【藤本窯】

 2000年2月のワンダーフェスティバルでデビューした造形集団……イヤ、正確には同人誌サークルとしてのアニオタライフに、陶磁器作品を作れたり、ドール方面につながっていたり、妄想好きな面子がリンクした事から始まった、イベント参加型サークルであろう。
 遊星ランプの企画は藤本窯としてすでに提案されており、この部屋で進められるのは、藤本窯造形担当のP・藤本(ぽったー・ふじもと)でも、運営・プロデュース担当のDUN氏でもなく、広報担当の俺がどれだけ作れるかとゆー個人的な興味で行っている参考資料的作業な事をお断りしておく。

イメージスケッチ

【イメージスケッチ】

 イメージスケッチ(左図)は2001年8月に作成。ルームランプとして20cm程度のサイズを想像してみた。シンプルなのはディテールを描き込めないだけである。
 この時点ですでに、P・藤本からは“クレーター部分は穴開いてないとクレーターじゃないやん”という指摘があり、そりゃそうだが俺の遊星爆弾は云々……という同世代にしてから既にビジュアルイメージに食い違いが生まれていたりする。
 藤本窯がワンフェスに出品している、総統グラス・ガス生命体グラスにしても、大きさやトゲの形状には記憶の差異が見られた。色の感覚にしても同様で、だからこそ多くの人がそれぞれのスケールで同じ対象を語ると楽しいのだろう。

PRイメージ

【妄想予想図】

 イメージスケッチを描いて、そのままシチュエーションを脹らませたもの。コピーも画像もすべてダミーだが、赤い光の部屋はこんなもんだろう、イヤ、こうであって欲しい、こんな姉ちゃんが使っていなければウソだ!という妄想が遊星ランプを頭から引き出したのは確かな事である。
 で、時は流れて2003年。厄年を迎えた老いへの焦りと、ワンフェスという造形の祭典に手ぶらで行くのは癪じゃないかという動機も手伝い、突如製作熱が発生、ショッピングセンターに並ぶ照明器具に電球型蛍光ランプの存在を意識野に入れた瞬間、バラバラなパーツが微妙な合体サインを発したのだった。
 近在で透明樹脂粘土を入手出来た事が決め手となり、一週間で組み上げたプロトタイプ。そ、それがコレだ!