※ここから先は日記兼用なのでランプ以外の記述もザクザク入る。為念。
入場ゲート

時に
西暦2004年
2月22日

 7時29分のゆりかもめで有明へ。車内はそれっぽい人でいっぱい。印刷所の箱もチラホラ。(別の棟で同人誌即売会もやっていたそう)
 関西弁のグループが車窓を見て騒いでる。国際展示場前駅に着く前の事。ズラーっと行列ができている。行列の配置が違うのか、夏には見られなかった光景。今日のにぎわいが予想される。

8時にビッグサイト着。電話でDUNさんに到着を告げ、左記のディーラー再入場口付近で待つ。
 続々入っていくディーラーさん。リーダーから事前説明を受ける今回のイベント整理に集められた兄ちゃん姉ちゃんたち……イベントへの気運が高まる。


忘却の60分
 あれあれあれ……待ち人来たらず。電話してみるとすでに会場入りしているとの事。“じゃあもう一回入口(ディーラー再入場口)で”と再び待つが姿は見えず。
 “あれ、ひょっとして”と会場整理を始めた姉ちゃんに尋ねるとまるっきり反対側に入ることが判明。再び電話ボックスへ行き事情を説明“こっちから行きますので動かないで”と返事を受け、再々度待つがまだ見えない。
 またまた電話ボックスへ行き説明すると、俺がいるのは2階で、会場内でも同方向にディーラー再入場口があるという事が判明。DUNさんを2回も駆け回す事になる大チョンボ。ようやく出会ったのは9時を回っていた。はじめての西館にとまどう地方人モロダシ・ダンな決定的タイムロス。

 情けない、あまりに情けなさすぎるスタートである。(ゲートをくぐる際、偶然にも八広ディーシーのあげだし氏とすれちがう。こーゆータイミングだけは用意してくれるのだから、ワンフェスの神様も皮肉なものだ)


 D25—03、藤本窯のディーラー証を受け取り入場。いよいよ始まる世紀のお祭り。1時間遅れだが……
 わずか30分の展示準備しか残されていない藤本窯。大半は俺のせい。加えて別のディーラーがブースを間違え、藤本窯のスペースへ荷物を置いてたというから二重の妨害に合う不運。

 そんな訳で、遊星ランプ一斉点灯ディスプレイやスタート前の店頭写真も、八広ディーシーへの挨拶もできぬまま10時が近づき、カウントダウンが始まって冬フェスのスタート。“お待たせいたしました……”のアナウンスで、フライング会場ダッシュし、周囲から笑われる奴がいたが、そいつと同じくらい情けない俺。開場してもまだパッケージの両面テープはずす作業をしていた。
 今回の助っ人はUさん。展示準備を手伝ってもらった際、あれこれ指示しなくても状況を把握して動いておられる。去年の冬会ったその時の印象のまま、洞察力のある人だなぁと感心。

完売スケブ書き

あれよあれよ
 ナベシンのようなカーリーヘアの兄ちゃんを皮切りに、見覚えのあるアニメの制服着たお姉さんが一度スルーしたものの、再び来てご購入(ヤマトイベントに持って行くという)だったりと、遊星ランプはコンスタントに飛んでいき、11時20分には完売。

 昨年に続き、スケブに完売の文字を書き込む快挙。造型の甘さを意に介さず手にしていただいたのだから、実に太っ腹の皆様である。(なお、おまけにつけた惑星ランプは一切提示していない事をここに記しておく)

 “キットを売り切った後に殴り書く「完売」の二文字がアマチュアディーラーにとってにステイタス。この快感を得るために、飛行機を使って遠路はるばるワンフェスを訪れる人も少なくない”と、ガイドブックにあさのまさひこが書いているが、まんま俺の事だ……
 おだてる事が人の原動力として有効なのはこの例をみてもあきらかである。次回の保証など何もないし、利益など最初から設定していない側からすれば、見た人の反応だけがご褒美なのだ。

舞い上がりの影に……
 10時20分ごろ、玄関の靴箱の上に今回不許諾となった“いいもの”を置くスペースを確保しているとゆー、藤本窯陶磁器アイテムの愛好者がみえられ、残念な思いをさせてしまった。時間的に見ても行列の最初の方にて、その上で当ブースへ一直線に来られたのではないか。いったい何時から並んでおられたのやら……その後も“いいもの”目的の人は訪れてこられたので、こっちは謝ることしかできなかった。
 去年の夏、許諾が降りていた時製品が間に合っていれば……多くの人が楽しい思いでイベントを楽しめただろうし、その後起きた筆禍事件も起こらず、藤本窯の模様はずいぶん違うものになっただろう。(いや、筆禍事件はいずれ起きる事だったな)

 夏がOKで冬が駄目の間には当然理由がある。手元にある「当日版権取得マニュアル」を読む限り察しはつくが、“これこれこーゆー理由で”という回答は実行委員会からもらっていないので、明言は避ける。詳しい人には自明の事やしれんけど、WFでのお披露目はついに果たすことが出来なかった。期待していた人には実に申し訳ないです。