また日本で一番遅いと思う冬フェスの関連の日記をアップ。のろまなのはカメだけじゃないのだった。
WF日記・決戦前夜篇

フィギュア複製品2004.12.30 thu
 フィギュア原型をシリコーンの海に沈めて複製開始。
2005.1.10 mon
 製品×5、ディスプレイモデル×1、予備×1の計7体分の複製完了。某○ア・○ァイターの無駄になる注型がいと哀れ。気泡が多く出て困る。
 ガンド・ロワの複製も開始、会社でポップ関連、家では複取りの日々が続く。遊ぶ時間がない……というか、遊びなのに楽しくないのが複製作業のツライ所。

フィギュア/ガンド・ロワ複製品2005.1.16 sun
製品×5、ディスプレイモデル×1、予備×1の計7体分の複製完了。某○ア・○ァイター無駄になるという注型がいと哀れ。
 ガンド・ロワの複製も開始し、会社でポップ関連、家では複製取りの日々が続く。

フィギュア塗装2005.1.25 tue
 ガス生命体グラスのシリコン型製作開始。作り方は前回通り。同じ作業を繰り返すのは気乗りしないもの。しかもグラスは透明素材のため、補修がとても難しい。毎回、トゲが折れやしないかとビクビクしてしまう。

2005.1.30 sun
 フィギュアのディスプレイモデル塗装開始。前回ガンド・ロワディスプレイモデル作りの時閉口したラッカー系塗料は極力控える事にし、リキテックスの手塗りをメインに仕上げることにする。
 デリケートな色彩表現を可能にする技術はないのでチューブ絞り出し原色ベタ塗りを繰り返す。
 レジンキャストとの相性は可もなく不可もなくで、薄く重ねていけば剥離することもないし、なにより水だけ使えばいいというラクチンさが有り難い。塗り下手なのは隠せようもなし。

破損グラス2005.1.30 sun〜
 ガス生命体グラスのシリコン型製作完了。早速エポキシ樹脂の注型を始めるも配合比間違えて1本分の樹脂を無駄にする。目分量で継ぎ足した樹脂は硬化してても強度が足りず、簡単にパキパキと割れてマキビシ状の凶器と化してしまった。
 その後はキチンと配合して注型を試みたがことごとく破砕または硬化不足で、生物都市のようなグニョグニョオブジェが誕生。
 昨夏には発生しなかったトラブル、どうも低温時での溶剤混合が原因と思い、ストーブのそばで温めた溶剤同士を混合・注型したらうまく脱型する事ができた。(なお、失敗した樹脂も時間をおけばシッカリ硬化した事から、硬化時の温度管理も重要だと思われる)
 思わぬつまずきと製作時期の遅れから予定数は揃えきれなかった。グラスに関してはこれが残念。

ガンド・ロワ塗装2005.2.1 tue〜
 各アイテムの注型作業と並行し、ガンド・ロワディスプレイモデルの製作開始。前回よりは脳内イメージに近い色で塗る事にする。

2005.2.8 tue〜
 ガンド・ロワパーツ注型終了。と思ったら棘パーツが足りないことが判明し追加注型。

2005.2.14 mon〜
 ガンド・ロワボディ組立終了。突貫作業でパーツのすり合わせが悪い。ディスプレイスタンド、本体後部の塗装開始。(上記写真参照)
 前部パーツは組立て完了済み。棘パーツまだ磨いていない。この時点での主な作業はディスプレイモデルの作成、グラスの補修と最終コーティング。リミットはすでに1週間を切っていた。
 俺の度量では3アイテムを3ヶ月で揃えるというのは荷が重すぎる事が露呈。“走りは車のポテンシャルではなく乗り手のキャパシティが決定する”とゆー『湾岸ミッドナイト』の言葉がピッタリくる。

フィギュア塗装完成品2005.2.15 tue
 フィギュアのディスプレイモデル組立と撮影。組立マニュアルに使わなければいけないので全部会社でやる。カメラもパソもカラーコピーもみんな会社の備品。
 エロフィギュアではないが、中年男がお人形さんをセッティングして会社の応接間で撮影している姿は自分でも引きまくる光景。その後データ取り込んでマニュアル出力。販促物のプリントはこれで完了。
 それにしてもフィギュア、オリジナルなのに原画のプロポーションを再現できなかった工作技術のなさ。フィギュアに関してはこれが残念事。

2005.2.18 fri
 上京前日。会社ではガンド・ロワ紙ポップ製作。棘パーツ切り出しを残してタイムアウト。(これが後の後悔につながる)
 自宅では荷物の詰め込みとガンド・ロワ本体・棘パーツの筆塗り作業開始。完全に遅すぎ。重ね塗りしてこそのグラデ表現というに困ったもんである。当然塗り終えられるはずもなく翌日へ持ち越し。

ガンド・ロワホテル塗装012005.2.19 sat
 イベント前日。逗留先のホテルも急造塗装場と化す。溶剤臭のないリキテックス塗りならではの荒技。ペタペタペタペタ塗っては乾かし、マスキングなしの2色分け。またベッドが無用の長物になってしまった夜なべ作業。
 仕上げにエナメル塗料のウォッシングしてディスプレイモデル完成。(これは溶剤臭がしてホテルに申し訳なし)いや時間切れ。一騎当千のモデラー達が集う場所にこのふがいなさ。

ガンド・ロワホテル塗装02 しおりとガンド・ロワポップの仕上げのみ残し、穴だらけの仕様で今年最初の祭りへトラーイ!
 これでも前回より“ちょっぴり余裕”と思ってしまったのだから、人間喉元すぎれば……である。
 もちろんそれは幻想にすぎなかった。次回、めぐりあい有明・リミッター解除の果てに待つイレギュラーだらけの当日篇を待たれよ。(2005.4.13記)