正式名称がないので便宜上「松本式突起型棍棒」で版権申請をした本アイテム。松本様式の立体化としては最後の挑戦になる(版権申請する対象もここで打ち止め。歳食ってる割には抱えているモチーフが少ないのだ)。
 さてこの棍棒。氏の作品では60年代から登場する、かなり初期に確立した様式である。松本作品にたびたび登場する棘、あるいは突起をもつ造型(ガミラス星の人工物に最も顕著)の始祖と推察する。これはおそらく甲虫の形状に影響を受けているのではと思う。
 メカニックに適用されれば生物的なフォルムをかもしだし、ただの棒が武器という使用目的をより鮮明にする。そう、突起型棍棒とは使用者を動力源とする松本メカ第1号なのである。
 棍棒とトゲの絶妙なバランスを立体化できるかが今回の肝。自分は松本様式をどれだけ理解しているのか?それはもう“見れば判る”話。出展時すべてが一目瞭然なのである。

スケッチ
07.8.18〜10.17

粘土のばし
この状態では小学生の粘土遊びと変わらない

粘土巻き
マラカス内蔵のため分割して作る

粘土整形
乾燥〜縮小のため、巻き部分に縞状のクラックが出た

ラフスケッチ
〜原図

 まず最初に頭の記憶を描きだし原典で確認、補正を加えつつ原型のシルエットを出すこれまでやり方を踏襲。夏のWF終わってスグに始めてるのは最速の取り掛かりである(とは言っても粘土さわったのは10月中旬だからさほど意味がない)。
 原典での形状モデルは『悪魔伝の七騎士』より「銃剣戦線」・『コクピット・レジェンド』1より「振動100』中の棍棒を参考にし、突起の本数や全体のバランスを詰めていく。ただ内部にマラカスを仕込む都合上、頭と柄の部分のラインを原作風に絞りこめなかった。
 なぜマラカス仕様なのかというと第一に形状からくる連想(使えるアイテムへの嗜好)、使用キャスト量の軽減、なにより無垢のまま作ってしまったら見た目通りの武器になってしまう事への懸念からである。 おおまかなラインが決まった後、イラストボードに断面図を引き、これをくり抜いて確認用スケールを作る。だが未使用。マラカス球という格好の基準スケールがあったのでこれを中心に均等な厚みを実測できたのである。

2007.10.21〜
11.2

 原型製作開始。手順はガス生命体グラス作った時と同じくファンド粘土を紐状にしての巻き巻き組み。マラカスの柄の部分は切り取り、割り箸を心棒にしている。巻き巻きの場合、接合が不十分だと水分が抜けた後収縮してクラックが出てしまう。乾燥しては埋め乾燥しては埋めでベースを作る(写真で線上にみえる部分はゼリー状瞬着)。
 大誤算だったのは粘土の使用量。3袋ほど使い、原典に近づける段階でマラカス球と粘土の厚みをどんどん薄くしていったら半分で済んだ。実に無駄な時間と労力を浪費し部屋を汚してしまった。前検討はしっかりやるべきである。
 トゲなしではタダのマラカス原型。いかに突起パーツがビジュアルの華であるかお判りいただけよう。松本メーターと同じく、この突起意匠も使用者にはたちどころにパクリの烙印が押される独創性に満ちた松本様式のエレメントである。
 ちなみに中に仕込むのは「MAXTONE」という800円のマラカス。澄んだ音色とにぎやかすぎる音量がどれほど反映されるかは現時点では不明。カラオケでアニソン歌う時に使ってもらうのが最も真価を発揮するだろう。まぁ手首の疲労ももれなくついてくるのは保証します。

2007.11.3〜
11.4 トゲ付け

 トゲは合計21本。大きさも間隔もランダムにかつ全体から見るとバランス良くを理想に感じたままくっつける。グラスの時よりイージー。接着剤が水なのはファンド粘土のエコな利点。

そして複製前夜へ
 12月中旬まで磨いて削ってで原型完成。実作業の半分以上はぜい肉削りに費やされたのが実に残念。作る際のポイントで解説するような部分はなし。
 単純な連続作業でワンフェス参加のキップが得られるという事実は、書き残すに値する事柄かもしれない。

突起接合
 これまで自分が立体化してきたものを振り返ると棘や丸いものに惹かれる傾向が判る。10代のビジュアルインパクトに優るものナシの伝でいくと、自分は富野の子供たちではなく松本の遺伝子(by島本和彦)を多く受け継いでいるのだなと思わずにはいられない。最後にこの棍棒が出てくるのもうなづける。たとえ単にネタ切れだったんでしょうと事実を指摘されても……

 次回はもう完成篇。ワンフェス後の更新確実なれど、春の訪れと共に事の顛末を待たれよ。(2008.1.25記)