架空惑星知名度ランキングというのがあれば絶対トップに立つのが大マゼラン星雲太陽系サンザーの二重連星であろう。なので細かい説明は省略。製作の過程をトコトコ紹介していこうと思う。

承 前
 作ろうというより作れたらいいなとはワンフェス参加当初から思っていた。ただいかんせん、地表の下に海と大地が広がり天井は何本もの岩柱で支えられているという魅惑的な構造をどう作ればいいのか?これが全然浮ばない。
 以前作った「地球2199」は表面一つで済んだがガミラス星は外殻の表裏と内殻の表面という3段構え。それが球体として閉じている。パーティングラインは?塗装プロセスはどーするんだ?と難問山積みである。ワンオフで済ませるなら現在作りかけの「ヒルコ」みたくやりっぱなしで組み上げれば済むが、展示だけのワンフェス参加など意味がない。なんとか複製可能なモデルとして着地させるのが今回の眼目。
 と、いう状態からスタートするガミラス本星製作記。遊星ランプから始まるヤマトアイテムの末尾を飾ることが出来れば本望である。

製作ソース
ベース
 主要図版は1977年に買った劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のパンフレットと自分の記憶。原型ベースは遊星ランプと同じく300円ガシャポンのケース(涼宮ハルヒが入ってた)。元手はいつも安上がり。それにしても○代目なんたら星人と同じくヤマトのパース描写は初代を越える事ができませんなぁ……緻密さや正確さという物差しが及ばないカッコよさ。“魂のこもったキャラクターは実はイビツであるべき!”とゆー富士鷹ジュビロ観に通じるモノがある。

ガミラスまんが
見ようと思って見ていれば見えていたかもしれないもの
 パンフレットを横に置きガミラス本星をスケッチしていたらある事に気付く。地表に残るかつてあった大陸と海の痕跡をなぞっていくと大陸の形状や海との比率が連星のイスカンダルとよく似ている。地表に海があった頃のガミラス本星はイスカンダルと並ぶ青き水球であり、デスラーの“かつては美しい星だった”という台詞はこの事を指しているのかと!
 遊星爆弾で地表が焼けただれた地球も同じタイプの惑星だった事を考えれば、イスカンダル←ガミラス→地球という水惑星の相関関係まで物語の基礎に落とし込まれていたといえよう。遊星爆弾とガミラス本星の相似も含め、口紅から機関車どころでなくグラスから惑星まで統一感をもたらす松本零士の美術センス恐るべし。こと立体物に関して松本様式に手を動かす機会が多いのもむべなるかな。

 真偽のほどは知れずとも注視しなければスルーしてしまう情報があることの一例。描いてみなければ判らなかったしガミラス本星作ってみようという気が起きなければきっかけもなかった。33年たっても発見がある作品には後付設定も公式年表も要らない。情報は作品の中に溢れている。単に見つける側のタイムラグが大きいだけなのだ。これもアマディーラー活動の余録。次は多分原型製作篇。ペン先ではなくルーターのビットが発見を削り出す事はあるのか?ない方に27宇宙ノットの自信アリな次回を待たれよ。(2009.3.27記)