“2014年冬のワンフェスは3daysだった” 今に至るも考えが変わらないので金曜日からの行動を記していく。好意的に考えれば3日間もイベントを楽しめたと言える。行動がパターン化しているきらいもあったので雪による強制リセットをかけられた心持ち。
参加者およそ四〜五万分の一人に刻まれた白また白の雪中行軍記。 写真は2月8日(土)、15時すぎの幕張メッセ エントランス。
正面画像
宅配便で先に送ったキャスター付段ボール。上京と一緒に持っていったらまず泣きが入っていただろう。メッセ内ではほぼ予想通りの活躍で移動を助けてくれた

2014.2.7 fri 長崎県〜千葉県
 9時10分に起きて雨。関東地方の大雪警報を考慮し今日上京する事にする。母が出かけるのに合わせてそそくさと身支度。父にバスセンターまで送ってもらい11時40分の高速バスで博多行き。この時点で薬やら下着やらイヤホンやら荷物確認用の宅急便控など忘れている。13時45分ごろ博多駅着。地下鉄で空港へ行き窓口で予約便の変更手続き。羽田行きは17時すぎまで満杯との事で成田着の便を取る。それでも18時15分の便だから家を出るのが遅れていたらどうなった事やら。なぜか170円バック。東京より遠いのに変な話。
 明日泊まるカプセルホテルに連絡し、空いてたので連泊に変えてもらう。かき揚げ丼セット(ミニそば付・680)食って遅めの昼食。100円ネットで駄文コメやってる時、ポスターの出力紙とバックアップデータ入れたUSBメモリー忘れた事に気づく。眼鏡拭きも忘れてた。机の上に出してても気づかないうかつぶり。100円ネットで「キンコーズ」の情報集めるとMac常設店が減っている。千葉で泊まって翌日東京というのも雪次第で致命傷。待ち時間の間にラフ描き。スピード優先で仕上がるよう段取り決める。18時5分ごろ搭乗。イヤホンもらって帰ろうとしたらミニプラグじゃなかったのであきらめる。

 20時すぎに成田空港着。20時50分の京成本線高砂行き快速で津田沼まで下る。福岡と羽田しか利用しないので成田は随分山の奥にあると感じる。どうしてここに国際空港がという距離感。外に雪がちらほら。京成津田沼で乗り換え、新津田沼で下りる。ここまで800円。幕張〜秋葉原より遠い。JR津田沼方面へ歩く途中の「つだ沼そば」という立ち食いでかけそば(260)といなり(2ヶ140)の夕食。めんがぴんぴん、ダシすっきりのうまくてリーズナブル。また使おう。
 22時すぎホテルにチェックイン。風呂入ってDr・ペッパー飲んで12時20分ごろ寝る…… つもりが眠れない。疲れているはずだが気が張っているせいか? 照明落とされているので本はあきらめソチオリンピックの開会式を観る。国力を知らしめるボリューム感に圧倒される。その中にポップな風船オブジェと白ワンピの美少女がからむサマーウォーズな展開で硬軟取りそろえの充実ぶり。アニメチックなビジュアルが随所に表れ退屈しない。つまみに食ったサンマの味噌煮缶(150)うまかった。(味噌缶あるのも知らなかった)4時にカプセルへ戻る。4時半ごろ外を見ると屋根が白い。関東で見る積雪は初めてだったか? 寝てる場合じゃあないかと前々日の余裕もなくなる1日。



海浜幕張駅から幕張メッセ間の路上。右はアパホテル。まるで墨絵のよう(15:25ごろ) ホール搬入口 東ゲート入場口からみたホール(15:30すぎ) 前日設営での下ごしらえ。これだけで2時間以上かかっているカメっぷり。館内寒かった(18:20ごろ) JR幕張本郷駅へ向かう自動車道上。横転車両は見当たらなかった(22:05ごろ) JR幕張本郷駅前の路上とホーム内の京成線改札の運転見合わせ告知(22:15ごろ) JR津田沼駅前の歩道橋下。温かい食べ物で暖を取りたくなるのも当然だったのだが…… (22:35ごろ)
2014.2.8 sat 千葉県〜東京都〜千葉県
 眠れないまま外出し、5時2分の総武線御茶ノ水行き普通列車で秋葉原まで。中央線一部運休の表示。山手線に乗り換え5時50分ごろ上野駅着。人が少なく外は白い。手袋片方落としてしまった。「サンクス」寄っておにぎり買い、6時すぎに「キンコーズ」上野店でポスター作り始める。おにぎりとウーロン茶で朝食、デジカメと自サイトの画像データひっぱってカチカチ。早朝と寝不足がたたって能率ガタ落ち。パス切りもノロノロ。画像も解像度不足。面を埋めるだけの仕上がりに金と時間をつぎ込む悲しさ。コピーサービスでは2〜3人の女子がコピー誌作ってて楽しそう。ミス出力紙を出す中で仕上がり寸法に切り出す自分が情けない。
キンコーズ内
正午前に終了。イベント前に8600円の出費で負け戦。交通費入れたら1万円コース。いま関東にいる事だけが唯一の正解。
 雪こんこん。東京駅から京葉線ホームまで400m歩いて12時27分の海浜幕張行き普通列車で幕張行き。舞浜の空は白かった。眠気続く。外は雪景色。そこへさらに雪が覆っていく。13時9分に海浜幕張駅着。切符買い間違えて乗り越し150円払う。WF事務局に電話すると搬入時間が1時間繰り上げになったという。いい状況判断。ボールペン落とした。駅内リニューアルされてきれい。「そばいち」というフードコートでもりそば(300)、ちくわ(130)の昼食。時間あるので事前調達に外へ出る。
 100円ショップとイオン回って幕張メッセへ向かう。耐寒装備はホッカイロくらいで革ジャンと革靴が台無しの雪模様。雪だけでなく風がくせもの。斜めに雪が降って華奢な折りたたみ傘が翻弄される。15時半に入場。ゲート待ちの時、広島から来たというディーラー氏と少し話す。新幹線も遅れたという。地方組で今日出発したディーラーはどれだけ事前搬入に間に合う事だろうか? 
 手続き済ませて集積場から送った荷物探す。まだ仕分けされていなかったので見つけるのに手間取り。カート状態にしてブースまで運ぶ。転がり具合は良好。設営時、買ったコンビニ袋につり下げ孔がないタイプだったことに気づく。荷造りしたと思ったミニイーゼルも見つからない。プチ忘れがまだ続く。設営時間が1時間早くなっても退出したのは18時15分と前年並み。全体に動きがのろくなっている。イベント前の高揚感とはほど遠い。もっとも自分一人だけじゃあなかったと思う…… 
 メッセ前のバス停で待っていたが時刻表通りにバスは来ず。吹きさらしに耐えられず海浜幕張駅まで歩く。が、海浜幕張駅はホームもバスロータリーも大混雑。幕張本郷行きのバス待ちでロータリーの反対側まで行って並ぶ。風が吹きまくり傘の骨が曲がる。横に吹雪いている強風が恨めしい。2本目のバスに乗り込む事が出来たものの、運転手さんからは“事故のため途中(西2丁目)までしか行けない”とアナウンス。車が横転して通行止めとの事。すし詰めのバスが発進。陽が暮れて雪で景色が一変した場所はどこまで進んだのか判らない。行けるところまで行ってバスが止まる。しばらく立ち往生。ジリジリと時間が経過する中、状況が好転するのを車中で待つ側と降りて吹雪の中を駅まで歩く側に分かれる。2時間近く経ってるから事故車も回収されるだろうと思い車中に留まる。
バス車内
「アニスパ!」の時間になってもまだバスの中。ノイズだらけの中聴いているとRayタソも文化放送へ行けずに駅から電話で会話していた。
 21時を回れば続々と降りて歩き出す乗客が留まり組より多くなる。雪も風も止まない中に影となって消えていく乗客は『ザ・ミスト』の様。 ちょっと進んでまたバスは止まる。通常なら20分で着くバスが3時間経ってもたどり着けない。22時すぎ、バスに通行止め解除がされない連絡が入ってタイムアウト。残っていた数名が運転手さんに挨拶しながら外へ出て行く。“漫画みたいだ”とつぶやいたら、一緒に降りた人が笑って二言三言言葉を交わす。風は治まり雪も止んでいる。強風を押して歩いた人と時間を犠牲にして安全パイを選んだ人。帰る所へたどり着けたら共に間違ってはいない…… と思うが、使った事のある「セブンイレブン」がすぐ見えてくる距離だったので、雪中行軍すれば1時間くらいは無駄にならなかったやもしれん。雪まみれ覚悟ならば。
 幕張本郷駅にたどりついたものの京成線は運行中止、総武線は津田沼のポイントトラブルで足止めを食らうダブルトラップ。しばらくして運行再開で難を逃れる。津田沼駅も雪景色。昨日食った立ち食いもここで利用している蕎麦屋も閉まっている。がんばってるラーメン屋でねぎらーめん(750)にねぎトッピング(70)の夕食。どうもつけめん系の味は舌がマッチしない。「ミニストップ」でおにぎり・サラダに傘やはさみ買って23時ごろホテルに戻る。
 風呂気持ちいい。革ジャンにミンクオイル塗る気力もガイドブック読むスタミナもなく、荷物整理とリポD飲んで2時前に就寝。1月中に仕込み済ませた人間が2日続けて時間に追いまくられる1日。金曜からワンダーは始まっている。

踏切を撮影。先に見えるのは京浜幕張駅。これで通れるのは除雪車両だけだろう(5:49ごろ) メッセ・アパホテル ダイレクトパス入場者の列とようやく姿を見せたアパホテル(6:35ごろ) 東ゲートを通ってブースへ向かう途中。(6:38ごろ)
2014.2.9 sun 津田沼〜幕張メッセ
 4時50分に起きてまだ夜。5時25分にチェックアウト。5時29分の総武線千葉行普通列車で幕張駅まで行く。幕張駅で降り「デイリーヤマザキ」で補給食買い、道を尋ねてメッセまで歩く。車も少なく静かな世界。知らない通りを抜け昨日寄った「イオン」が見えてくる。雲の向こうは明るい。「ファミマ」でクリアファイル購入。ポケットからレコーダー出す時1000円落としたらしい。

徒歩

 海浜幕張まで来るとすでに入場者の列がメッセまで延びている。普通のレジャーならあきらめそうな交通事情。残雪がたっぷり残るメッセ界隈で開場3時間以上前から足を運ぶ購買力に感動。ただならない熱量。6時30分に会場着。列車止まるのが怖くて早めに動いているだけだがテンションが下がらない。ここに辿り着いているという事実だけで高揚感。(ありはしないにせよ)ガレージキットスピリットとは別の燃料に火がついている。仕事で来ているなら不満タラタラでしかない。

 設営始めて8時半頃終了。小一時間だけ会場ぶらつく。設営真っ盛りの時間帯なのに空きスペースが目立つ。交通状況はまだ改善されていない模様。濡れ革靴は気持ち悪い。サンダル買い損ねたのは失敗。9時半前にブースへ戻る。成人エリアの空きスペースは尋常じゃない。
 10時の開場アナウンス前に会場へたどり着けたディーラー向けの感謝アナウンスがあり、開会式前に拍手が起きる。いい瞬間に立ち会えたと思ったのだが、同じフレーズを再度繰り返して蛇足を披露。二度目の拍手は起きなかった。感動を押し売りしちゃあシラける。そして10時開場。7時間のライブが始まる。


今回のブースレイアウト。今回は自ブースより周りの卓状況の方が気になった(8:37ごろ) 正面画像 8ブースの状況。開始45分前でこの空白(9:17ごろ) 正面画像 自ブース(8-09-08)背面の状況。成人エリアは最も狭い区割りなので空卓がより目立つ(10:34ごろ) 正面画像 自ブース(8-09-08)前の状況。正午回っても来れないディーラー卓多々。当然人の流れにも影響する(12:35ごろ)
イベント覚え書き
 とは言うもののディーラー「ラブタコス」の7時間については特記する事がない。14時すぎに「とりがる〜ちゃん」が1羽巣立ったのがピーク。0と1には大きな隔たりがあり、これだけでディーラー参加とオリジナル出展の甲斐はあったというもの。卓に実物並べて得た結果は混じりっ気なしの実力評価。可愛いを立体に仕上げる高い壁を体感する。それでもまたトライする気持ちが出てくる。作ってここに足を運ぶ…… 酔いしれているのはガレキ作りだけじゃなく会場に出展するまでの活動なのだった。
にゅうにゅう画像
にゅうにゅうちゃん展示レイアウト。こうやって振り返ると高低差をうまく活用できていない。
とりがる〜画像
とりがる〜ちゃん展示レイアウト。馬鹿に時間をかけたパッケージもポップで隠しては効果減。シミュレーションでは判らない実レイアウトの現実
しまがる〜画像
しまがる〜ちゃん展示レイアウト。モデルがディスプレイのごちゃごちゃに埋もれている。パッケやディスプレイスタンドに強い色を使いすぎ。昔から続く悪癖。

以下はメモから抜粋
 さる方に版権関連の話をうかがい次の出展に望みが出る。無事出展できたら真っ先にお礼を述べたい。

 左隣の出版社さんでは12時40分頃に売り物の図書カードが届いて活性化。津田沼で列車が止まり小一時間かけての搬入。右隣のディーラーさんはついに姿を見せなかった。交通状況はまだ悪い模様。

 「にゅうにゅうちゃん」を見た西洋イケメン男子が“にっぷぅばぁんく(Nipple・Bank)”と発言して新鮮な響きに感嘆。今度ルビ表記に使わせてもらおう。

 会場の人密度、ザワザワは従来通りでも床を埋め尽くすまでにはいたらず。定点観測しているメーカー紙バックも人垣で歩行速度が落ちるから撮影もできる。ゴム長靴の参加者がちらほら見受けられるWFは今回だけだろう。

 17時に閉場アナウンスが流れ、拍手と共に雪と風のワンフェスが終了。アナウンス、今度は閉場コメントの最後にブース内で拍手している。朝の興醒めを再び繰り返す無粋ぶり。自発的に起きるのと煽るのでは幕引きの余韻が違う。OP・EDでセンムが登場しなかったのがチト残念。

宅配便の列が長蛇となり、閉会から会場を出るのが2時間弱に及ぶ。東ゲートはすでに閉まっていたので反対側(写真奥)から幕張メッセを後にする。祭りも2時間経てば残り香もない(19:55ごろ)
 以上が今回のワンフェス参戦報告。ディーラーとしては自分の実力が赤裸々になり従来なら膝が折れる事態になったやもしれぬ。が、そこに陥らないのがライブの魔法。そこにいたという事実がギプスのように支えてくれたのである。あるいは骨までしゃぶりつくされる悪魔の介添えか?
 不完全な形で終了した冬。各ディーラー諸氏の夏へかける意気込みはただならぬものがあるだろう。はたして弱小アマチュアディーラーは払拭の大波に乗ることが出来るか? 次なる更新を待たれよ。(2014.2.26記)

ガレージキット製作コスト一覧 ※計上は新規購入分のみ。

 ポリカップ・スポイト類 521   瞬間接着剤×1 105 
 TAMIYAエナメルカラー×3 474   クレオス Mrツールクリーナー改特大 630 
 クレオス ラッカー系カラーうすめ液(特大) 630   クレオスレベリングうすめ液(特大) 714 
 ワッカーシリコーンM8012×3 6,300   WAVEレジンキャスト(白)×1 2,780 
合計 12,154 
新規造形はとりがる〜のみ。しかもフィギュアパーツだけだったので史上最高の低コスト。喜ぶべきか熱意の衰退かはモゴモゴモゴ……